FC2ブログ
    06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

    ハルシオンシステムの気ままBlog

    株式会社ハルシオンシステムのメンバーが送る、UnityやらJavaやらの技術的話題から、自社開発のアプリの宣伝とかとかのブログです。ほんと気ままにいきたいと思います。更新日は毎週 月 木でっす!

     

    【ハルシオンブログ】Unityの2Dで光と影を使う方法。※どこかで見た記事です 

    おはようございます!坂内っす。

    ポケガ3の開発は少しずつ進んでます。
    えぇ 少しずつ・・・・
    これでいいのか!?って感じになってますが、このまま進んでいこうと思います・・・・

    前にも書いた気がしましたが、UniversalRPで2Dでライティングとかが簡単にできるという話を聞いたので、試してみました。
    2Dなのに影も出せるらしいですよ!


    使用するパッケージは「Universal RP」。
    まずはこれをインポートします。


    Create>Rendering>Universal Render Pipeline>Pipeline Asset(Forward Renderer)を作成。


    Create>Rendering>Universal Render Pipeline>2D Renderer(Experimental)を作成


    次にProject SettingsのGraphicsの「Scriptable Render PipelineAsset」に先ほど作成したPipelineAssetを指定します。


    2D Renderer(Experimental)をPileline AssetのRendererListにセットします。


    この時点で画面は真っ暗になります。


    さて、それではSpriteを置いてみましょう

    もちろん真っ暗なので何もみえません・・・

    ではライトを置いてみます。

    Light>2D>Point Light 2D(Experimental)でライトを置いてみます。


    この状態だとライトの光が小さいので光の調整をします。
    OuterRadiusを300くらいにしてみると、こんな感じになります。




    ついにSpriteがみえました!

    ライトを動かすとちゃんと光も動きます。
    こんな感じ。



    そして、背景も追加!

    また、おにぎりのSpriteにShadow Caster 2Dを追加します。


    ShadowCaster2DのShapeを絵に合わせます。


    これにより、2Dなのに影を付けることができるようです!


    あ、Lightの影の設定で影の強さとかは調整できるようです。


    ということで、2Dで光と影を使う方法でした。

    あでゅ~ノシ

    Category: 開発日記(Unity)

    tb 0 : cm 0   

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://halcyonsystemblog.jp/tb.php/769-0ff213a2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)